FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートタッチワークショップ5回コース ご紹介その3

前回に引き続き、
ハートタッチワークショップ
ご紹介をします


ハートタッチワークショップ って何か・・
というと

簡単に言うと

知的に障害のある方との
かかわり・やりとりを、
上手にするための
対人援助技術心のケア
仲間と共に学ぶ場です。

                 


私たちは、
常日頃から、
いろいろな人とやり取りをしていますね。

子どもやパートナー、
親類、
近所の人、
お友達、
職場の人…

たくさんの人とかかわって、
生きています。

ですが、
もし目の前に、
いる人の気持ちが
わからなかったら
また、
なぜそんな行動をするのかと
理解できない場合
どうやってその人と接していいのか
悩んでしまいませんか?

知的障害を持つ方と
かかわっている支援者や、
家族の方は、
特にそういった経験をお持ちの方が
多いのでないでしょうか?


ハートタッチワークショップ では、
そういった、
知的に障害を持つ方の行動と
その行動を起こす
心の中に近づき、
どんなふうにやり取りをしていったらいいのかを、
体験しながら、
考えていきます。


                 


ワークショップの一回目に
参加者の方から出た事例です。

Fさんのお子さんは(現在はもう成人されています)、
小さいころ、
「マンマン」という発語しか出せませんでした。

おなかがすいては「マンマン」
眠くなっては「マンマン」
悲しくては「マンマン」
腹が立っては「マンマン」
お母さんといいたいときは「マンマン」


もちろん「マンマン」
ニュアンスは違いますが、
保育園では、
彼が「マンマン」というたびに、

「おなかすいたの?」
「ご飯はまだよ」

という言葉がけばかりだったということでした。

Fさんは、
こういう内容の話をしてくださいました。


ワークショップでは、

「この時のFさんの子どもさんは、
どんな気持ちだったんだろう・・」

という話題になりました。

それなら実際に彼の気持ちを体験してみようと、
「マンマンワーク」
というものをしてみました。

体験者と支援者の二人一組になり、
体験者にはお題を出します。

「お母さんが病気で心配という気持ちを、
マンマンという言葉だけで
支援者に伝えてください」


体験者は、
支援者に、一生懸命
「マンマン、マンマン」と
話をします。

支援者は
体験者の訴えを一生懸命聞こうとしますが、
何を言っているのかわかりません。

「おなかすいたのね、もうちょっと待ってね」
という風に、
支援者が思い浮かぶことを一生懸命返しますが、
しばらくすると、
体験者の顔が悲しげに変わってきます。


ワークが終わって、
今の気持ちをお互いシェアすると、

「すごく切なくなった。」
「一生懸命聞いてくれてるのに、伝わらなくて、
申し訳なくなった」
「あきらめて、もうどうでもよくなってきた。」
「わかろうと関わってもらうことの心地よさを感じた。」
「わからないから、放置するのではなく、
わかろうとしてくれることが嬉しかった」



などなど、
たくさんの気持ちを
シェアしました。


その人の立場で、
実際に経験してみると、
びっくりするくらい
いろいろな感情に出会うことがあります。

それはそれぞれの人が違いますが、
それをまたお互いで共有していくと、
何か見えてくることがあります。

障害を持つ方の支援方法に、
「これが唯一の正解」
というものはありません。

ですが、
その人の気持ちを少しでも理解し、
心に近づくことによって、
考えられる支援の幅が広がってきます。

「マンマンワーク」をして、
その幅の広がりを、
感じたような気がしました。


                 


次回も、
ハートタッチワークショップの内容を、ご紹介します。



  NPO法人Cheri ホームページ  

 2017年度ハートタッチワークショップ5日コース  



無題

スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

ハートタッチワークショップ5回コース ご紹介その2

前回に引き続き、
ハートタッチワークショップ
ご紹介をします

知的に障がいのある方は、
時に、
急に突然怒り出したり、
暴れたり、
人を叩いたり、
自傷したり・・・

と、支援者にとって、
困ったな…どうしよう…
と感じる行動をとってしまう方がいます。


知的に障がいのある方の
こういった
 派手な行動 には、
実は、彼らの切実な気持ち
隠れているのですと、
前回お話ししました。

その彼らの切実な気持ちを、
少しご紹介してみます


                 


Sさんは、30歳を超えた成人の男性で、
日中は、障がい者の福祉施設に
お仕事に行かれています。

Sさんは、以前から
自分の好きな本や、
パンフレット、
勉強のドリルなどを、
持ち運ぶことが多かったのですが、
ここ、数か月で、
その持っていく量がとても増えた、
というお話を聞きました。

見てみると、
本当にすごい量の紙の山を、
カバンに入れて持ち運びしています。

お母さんや施設の人の働きかけでも、
なかなかその量は減りません。
それどころか、
ますます、
紙の山の高さが増えていきます。

「人に迷惑をかけないからいいか…」
「このドリルが好きで、持って行ったら落ち着くからいいか…」

と、
大目に見れる量ではなくなってきました。

そこで、
特別な時間を取って、
Sさんのカウンセリングを行いました。

施設で起きている様々なことや、
Sさんが困っていると思われることを、
心を代弁したり、
共感したり、
身体でお話をしたり、
筆談援助を使ってみたりと、
様々な技法を使って、
彼と心をつないでいきます。


その中で、
「お母さん」
というキーワードにSさんが
とても反応しました。


お母さんに心当たりがあるか尋ねてみると、
実はお母さんは、
そろそろSさんに自立してほしいと思い、
今まで手伝ってきたことを、
自分でさせるようにしているため、
最近かかわりが少なくなったということを聞きました。

Sさんは、
とても悲しそうにしています。

Sさんの悲しい気持ち
それと、
でも大人になって
お母さんに頼らずに自分で頑張りたい気持ち、
でもうまくいかなくてもどかしい気持ち、
そんないろいろな気持ちに
共感
慰め
励まし
彼を応援しました。

Sさんは、カウンセリング終了後、
とてもすがすがしい表情でした。


後日、Sさんの様子を聞くと、
あれほど頑なに持って行っていた紙の山を、
カウンセリングの翌日から、
持っていなくてもいいようになったとのことでした。


                 


 派手な行動 

(=Sさんで言えば、紙の山を持っていくこと)

の奥には、実は、切実な気持ち

(=Sさんで言えば親離れへの葛藤)

があるのです。

ですが、
言葉を話すことが難しい方、
上手に気持ちを伝えられない方、
は、
生まれた時から人に
気持ちを伝えられないばかりか、
その派手な行動のために、
誤解されることが多いため、
人に気持ちを伝えることを諦めたり、
どうせ僕なんて…と、
自暴自棄になっている方が多くみられます。


ハートタッチワークショップで伝える
心のケアは、
障がいのある人の派手な行動表現に惑わされずに、
その行動に走らせている心に接近していきます。

相手の気持ちがわかり、
お互いの心が通い合うとき、
障害を持つ方はもちろん、
支援する人も、
とても心が近くなり、
日常のやり取りが
楽しくなっていきます。


次回は、
その心のケアを伝える
ハートタッチワークショップの内容を、ご紹介します。


  NPO法人Cheri ホームページ  

 2017年度ハートタッチワークショップ5日コース  



無題









テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

心のケア実践講座に行きました。

こんにちは、永井です。

先週末の土曜日・日曜日、
東京で開催された
心のケアの実践講座に行ってきました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京・千葉・埼玉・新潟・長野・・と、
たくさんの地域の方が、
障がいを持つ方への援助を学びに参加され、
私もその中の一人として、
学んできました。

内容は、とても興味深く、
濃いものとなっていましたが、
その中で
ティク・ナット・ハンの話が
とても興味深かったです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ティク・ナット・ハンとは・・・

ベトナム出身の禅僧・平和運動家・詩人。
ダライ・ラマ14世と並んで、
20世紀から平和活動に従事する
代表的な仏教者であり、
行動する仏教または社会参画仏教の命名者でもある。
アメリカとフランスを中心に、
仏教及びマインドフルネスの普及活動を行なっている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そのティク・ナット・ハンのお話しから一つ、
印象に残ったことを書きます。

どこの職場でも大体そうですが、
人をいじめたり、利用者をぞんざいに扱ったり、
人間性を疑ってしまう人っていますよね。

私達は、つい、
そういう人の悪いところを見てしまい、

「あの人がこんな風に変わってくれたらいいのに…」

と、望みます。

ティク・ナット・ハンがいうには、

我々は、隣の人の庭がとても気になる。
荒れ果て、木が生い茂り、煩雑な庭を見たら、

『もっときれいにしたらいいのに…』
『ちゃんとしてほしい、変わってほしい…』

と、思うでしょう。

でも、自分の庭を見ていますか?
自分の庭はどんなふうになっていますか?
人の庭を何とかする前に、
まずは自分の庭をきれいにすることから始めましょう。

自分の庭がきれいになったら、
次に、
他人の庭をきれいにする
お手伝いをしましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

と、いうお話を聞きました。

確かに…まったくもってその通りだと、
ひしひしと感じました。

どうしても我々は、ほかの人の庭が気になってしまいますよね。

「あの人がつらそうだから何とかしてあげたい」
「この人がこうなったらいいから手伝いたい・・」

等々、
他人の庭のお手伝いを一生懸命しようとしますが、
じゃあ自分の庭はどうなっているのか、
なんて、あまり気を遣いませんよね~

自分癒し。
自分育て。

そんな風に、まずは自分の庭を大切に、
きれいにしていかなくては、
と身に染みて感じました。

40058998_35W 2

来年は、大阪で、
心のケア実践講座が開かれるそうです!!

参加条件などがありますので、
関心がある方は、
ぜひ問い合わせしてみてください!



~心のケアを学ぶ場~
ハートタッチ・ワークショップ


6月28日(日曜日)
詳細はこちらをクリック ⇒ハートタッチ


お問い合わせ

ハンデ♡サポホームページ

ハンディを持つ子供の育児相談





テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

心のケアの話6 ~心のケアの効果・育児をして~

心のケアとは、
障がいを持つ方への
対人援助技術の技法のことを言い、
この心のケアは、
子どもから大人まで、
多くの方へ、
効果のある有意義なものだと感じています。



心のケアを実践してよかったなと感じること
  ~障がい児を子育てした立場から~




1、子供の気持ちがわかる


突然の癇癪、
いつまでもいらいらしている、
いつもびくびくしている、
じっとできない、
人の嫌がることばかりを言う、
等々、
障がい児を育児していて、
理解できないことが多かったです。


ですが、
心のケアを行い、
子供が感じていること、
悲しいこと、苦しいこと、
がんばりたい気持ちなどを
知ることができました。


障がいを持っている子供は、
その障がいからくる苦しさや、
ほかの子供と自分との違い、
また、気持ちを伝えられないもどかしさなど、
たくさんの苦しさを
抱えていることが多いです。


親にその気持ちをわかってもらえるのは、
子どもにとって、
とてもうれしくて、
安心できるようです。



2、子供と、心が通い合う


子供の気持ちをしり、
苦しい気持ちを発散させてあげる。
また、悲しい気持ちに寄り添ってあげる。
がんばりたい気持ちを支え、応援してあげる。
そして、子供に安心感を与えてあげる。


心のケアを行うようになってから、
子どもと心がしっかりと通っていると、
実感できます。



3、子供の聞き分けがよくなる、問題行動が減る


心のケアを始めてから、
自分一人で何とかしなくちゃという、
がんばるための、
問題行動がかなり減りました。


また、年を重ねるにつれ、
僕はこんな風になりたいんだという、
前抜きな考えと、
それに伴う行動が、
増えてきました。


4、親が楽になる


小さなころ、
子供の行動がどうにも理解できず、
また、
なんでこんなことするの!!と、
問題行動や癇癪に会うたびに、
イライラして、
惨めな気持ちになりました。


また、
ちゃんとできない自分がとても情けなかったです。


心のケアを行うようになり、
子どもとの距離が縮まるにつれ、
どんどん楽になり、
自分にも自信がついてきました。


40006231_35W.jpg


長年、障がいのある子供を育て、
様々な療育や療法を取り入れてきました。
どれも効果があり、
がんばってよかったなと感じましたが、
ベースには、心のケア的な育児方法があったからだろうなと、
実感しています。


もし、育児で悩まれている方がいられたら、
心のケアを、とり入れて見ませんか?


ハンデ♡サポでは、
障がいを持つ子供の
カウンセリングも行っています。

カウンセリングを受けていただくためには、
まず、
<心のケアファーストステップ>で、
「心のケアとは何か」
「カウンセリングの方法」
を学んでいただいております。


12月13日、<心のケアファーストステップ>がありますので、
ぜひ、ご参加いただければと思います。



  心のケアファーストステップ


  ハンデ♡サポホームページ


  筆談援助者勉強会in大阪


お問い合わせは、 boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールをいただくか、
ホームページ内、”お問い合わせ”フォーム で、ご連絡ください。
お気軽にどうぞ!








心のケアの話5 ~心のケアの効果・職員編~

心のケアとは、
障がいを持つ方への
対人援助技術の技法のことを言い、
この心のケアは、
子どもから大人まで、
多くの方へ、
効果のある有意義なものだと感じています。


心のケアを実践してよかったなと感じること
  ~施設職員の立場から~



40058494_35W.jpg



1、障がいを持つ方の気持ちがわかる


なぜ、彼らは、
そんな行動をとるのか。
また、なぜここで暴れるのか。
どうして動いてくれないのか。
なぜ、指示に従ってくれないのか。


などなど、
たくさんのことがわかりませんでした。

ですが、心のケアを進めていくうちに、
その、『なぜ?』の部分が、
とてもよくわかるようになりました。



2、パニック・問題行動への対応ができるようになる


パニックや問題行動。

施設で一番、
どうしていいのかわからなかったことです。
そして一番、
困ってしまうことでした。


心のケアの実践によって、
本人も、
ほかの利用者も、
職員も傷つかず、
そして、
困ったことをチャンスに変えて、
障がいを持つ方との
深い結びつきや信頼関係を築く。
そんな支援ができるようになりました。


心のケアを実践してから、
利用者・職員お互いが、
楽になりました。



3、利用者の方々に変化が見られた


心のケアを実践してから、
たくさんの利用者の方に
変化が見られました。


今まで、『私を見て~』と
ちっとも待てなかった人が、
職員の動きを見て
ちゃんと待ってくれるようになったり、
職員に協力してくれたり、
多くのことにチャレンジしてくれたり、
問題行動が軽減したりなど、
小さなことから大きなことまで、
様々ですが、
多くの方に、
変化が見られました。



4、職員がやりがいを持って仕事ができる


一生懸命頑張っているつもりなのに、
なぜか私の前では、
イライラしている。
こちらの指示には全く応じてくれない。
なんだか、仕事がつらい…
と感じたことはありませんか?


そういう方にこそ、
心のケア』の技法はぴったりです。


心のケアによって、
利用者の心を理解できる、
対応できるということは、
職員の苦しさが楽になり、
今までチャレンジできなかったことや、
もっとお互い楽しい関係を
深めていけると思います。



5、施設全体の人権意識が高まる


心のケア』を導入することによって、
必然的に、
障がいを持つ方への意識が変わっていきます。


相手の気持ちがわかる。
苦しさや悲しさ、
楽しさや切なさ、
たくさんの気持ちを理解し、
関わると、
施設全体に、
利用者の心を大切にした関わりが、
深まっていきます。



心のケアに関心を持たれた方、
また、ちょっと見て見ようかなと感じた方、
何とかしたいと望んでおられる方、
12月13日、<心のケアファーストステップ>にご参加されませんか?
こちらでは、『心のケア』の基礎を学んでいただき、
関わりのヒントが得られるはずです!!

  心のケアファーストステップ


  ハンデ♡サポホームページ


  筆談援助者勉強会in大阪


お問い合わせは、 boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールをいただくか、
ホームページ内、”お問い合わせ”フォーム で、ご連絡ください。
お気軽にどうぞ!



テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プロフィール

handesapo

Author:handesapo
ハンデ♡サポは、ハンディキャップ・サポート・ネットワークの略で、
障がいを持つ方が、自分らしく、生き生きと暮らすために必要な、障がいを持つ方への心の援助の提供や、障がいを持つ方と関わっている方への対人援助技術の普及を行っています。
その活動によって、障がいを持つ方が大事な一人の人間として理解され、尊ばれ、大切にされる社会づくりを目指しています。

ハンデ♡サポでは、以下の4つの活動を行っていきます。

1、 障がいを持つ方のカウンセリング(心のケア)を行います。
2、 対人援助技術(心のケア)の普及活動を行います。
3、 療育事業(教育・能力向上)を行います。
4、 セラピー・教室などで趣味・生きがいつくりをめざします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。