FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の理解11 ~信じて関わる、するときっとつながるはず~

前回は、
人にわかると信じてもらう、
認めてもらう、
期待してもらうことで、
障がいを持つ方の行動が変わることがある

というお話をしました。

今日も、
信じてもらう、期待してもらうことで、
変化が見られた方のお話をします。




ある施設に通われているYさんは、
注射が大嫌いでした。


注射という言葉を聞くだけで、
怖くなって、
暴れてしまうことがありました。


ですが、その施設では、
毎年健康診断があります。


職員は、
Yさんのために、

1、椅子に座る
2、右手を机に置く
3、くくる
4、消毒
5、注射
・・・・



という風な、
写真付きの手順書を作りました。


また、注射の手順をとった
DVDを制作し、
Yさんに、繰り返し見せました。


Yさんは、何度もその手順書や、
DVDを見ては、
がんばろうとしているようでしたが、
いざ、
注射の時になると、
なかなか椅子に座れずに、
何十分も、
立ったり座ったりを繰り返します。


また、注射になると、
どうしても動いてしまい、
とても危なくなってしまいます。


ある年のこと、
いつものように手順書などを見せるとともに、
いつもとは違うことをしました。


職員の一人が、
紙と鉛筆を持ち、

Yさんは健康診断をします。

そのためには、注射で血をとる必要があります。

とった血は、Yさんの体に悪いところがないかを調べます。

もし、体に悪いところがあったら、直します。

針を刺すときは痛いけど、がんばります。

・・・・・・・


等々、なぜ注射が必要か、
また、Yさんならがんばれることを、
紙に書いて見せていきました。


img033.jpg



Yさんは、
文字が読める方だったので、
書かれた文字を、
すごいスピードで読んでいきます。


最後に職員が、
『動きません』という文字を書いた後、
Yさんは、書いた紙を全部びりびりに破りました。


職員は、
『役に立たなったかな…』
と思いつつ、Yさんを見守りました。


しばらくして、Yさんの注射の番になりました。

ドキドキしながら見守る職員の前で、
なんとYさんは、
別人のようにすっと座り、
手を出し、
動きもせずに、普通に注射を受けました。


みんな、びっくりするやら
嬉しいやら、
「Yさん凄い~!!」
の声が上がりました。

Yさんは、
「どうや~」とばかりの自慢げな顔。

本当にうれしい瞬間でした。


Yさんのように、
注射が怖い方に、
手順書を提示する方法はとても重要で、
がんばれる源になります。


ですが、それに加えて、


Yさんなら、なぜ注射が必要なのか、理解できるよ。
Yさんは、ちゃんと、注射を頑張れるよ。
Yさんは、怖いという気持ちをコントロールした行動がとれるよ。



という、
Yさんへの信頼と期待を、
職員が示す。

それをYさんがしっかりと受け止め、
自分に対する自信につなげた結果が、
注射大成功に結び付いたと思います。

この後しばらく、
職員もYさんも、
幸せな気持ちと、
がんばれた達成感を存分に味わいました。



スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

心の理解10 ~ピグマリオン効果~

障がいを持つ方は、
よく誤解されることがあります。

こちらが話しかけても反応しない、
指示に従えない、
勝手にどっかに行ってしまう、
ぶつぶつと独り言を言ったり、
耳をふさいで聞こえないようにする、
等々、

これは
私の自閉症の息子の様子を
書いたものですが、

こんな風に、
どう見ても、ほかの人とちがう、
一見変わった行動をとっている人を見ると、

『能力がない』
『何もわかっていない』
『何もかもがおくれている』


と、決められがちになることが多いです。


IMG_3233.jpg


まあ、
確かに他の人に比べて、
たくさんのわからないことや、
困ったことは多いのですが・・・



人は、
相手に、

「あの子は、能力がないからダメなやつ」
と思われ続けていると、

「どうせ自分は…」
と、どんどん自信がなくなり、
自己否定感が大きく膨らんでいきます。

自己否定感が強くなると、
本当の自分らしい行動が、
とれなくなってしまいます。



障がいを持つ方は、
見かけはどんなふうに見えていても、
本当は物事を理解し、
感じ、
考えていて、
とても豊かな内面世界を持っているんです。


彼らが、
その内面世界を持っていて、
我々と同じように、
「その気持ちを伝えたり、
分かってほしいと思っている」
ということを、
相手が知っていてくれるだけで、
彼らは、とても幸せに暮らすことができます




『ピグマリオン効果』
というものをご存知ですか?


『ピグマリオン効果』とは、
心理的行動の1つで、
教師の期待によって
学習者の成績が向上することです。
(ウィキペディア・ピグマリオン効果)


私の子供は、
小学1年生の時は、
落ち着きがなく、
こだわりがひどく、
学校に行くことも拒否していました。

先生から毎日のように、
「今日は、これができませんでした」
「何もしたくないようです」
「情緒の安定が大切ですが、彼には難しい」


等々の言葉を言われ続けていました。

すると息子は、ますます、
先生を困らせてしまう行動をとっていきました。


ですが、2年生になり、
先生が変わりました。

新しい先生は、
息子を「この子はこうやったらできます」
「彼は分かってるよね」


と、息子の能力を、
認めて接してくれました。

彼の可能性を信じて
接してもらうだけで、
彼に、
たくさんの
嬉しい変化が見られました。

不思議なことでしたが、
とても嬉しかったのを覚えています。


人に理解されること、
認められること、
期待されることが、
人として成長するためには
大切なんですね。

          


障がいを持つ方の心を理解し、
支援したい、
または、子供の気持ちをわかってあげたい、
子供の行動を何とかしたい、
などをお考えの方、
12月13日、<心のケアファーストステップ>にご参加されませんか?
こちらでは、『心のケア』の基礎を学んでいただき、
関わりのヒントが得られるはずです!!

  心のケアファーストステップ


  ハンデ♡サポホームページ


  筆談援助者勉強会in大阪


お問い合わせは、 boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールをいただくか、
ホームページ内、”お問い合わせ”フォーム で、ご連絡ください。
お気軽にどうぞ!

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

心の理解8  ~【大人心】を立てよう~

前回は、 
我々も障がいを持つ方も、
さぼりたい気持ちと、
【大人心】があるという話を書きました。


さぼりたい気持ちを
とげとげ君として、
【大人心】を絵で描いたら、
こんなふうになるという説明も前回しました。


img028.jpg



とげとげ君が、
心の中に入り込んで、
心に刺さろうとしても、
【大人心】が、凛として存在し、
とげとげ君が、
前に出ないようにしているという感じです。

とげとげ君は、
いなくなるわけではないので、
【大人心】が弱ったら、
また、前に出てきますが。




でも、障がいを持つ方の中には、
このとげとげ君よりも、
もっと厄介な、
自己否定感であるどろどろ君が、
たくさんいます。

どろどろ君は、
結構強力なので、
ザクザクと心に入って、
簡単におとなしくはなりません。

また、
とげとげ君>どろどろ君のコンビは、
【大人心】をすっかり、
弱らせてしまうこともあるんです。


前回も書きましたが、
そうなると、周りからは、

まるで心の中は、
【 大人心 】がないかのように、

わがままだったり、
暴れん坊のように、
とらわれがちになってしまうんです。



「この人に言ってもわからない」
「この子は我慢ができない」


と言われる行動をとっているとき、
もしかしたら心の中では、

とげとげ君どろどろ君が暴れ回り、
【大人心】
弱らせているのかもしれません。



でも、本当は、
どの人でも持っている【大人心】は、

その年相応に、
10歳なら10歳の、
20歳なら20歳に応じた、
大人らしく、我慢ができ、
がんばるべき場面では
がんばる行動をとりたいと
願っているのです。

または、
社会人として誇りを持って、
仕事や作業をしたい、
学生なら、学校でみんなとともに、
勉強をして、
たくさん学びたいと、
願っている【大人心】が、
心の奥には、
しっかりとそびえているんです。


でも、そんな【大人心】があるように見えない…
それはちょっと悲しいですよね…



では、どうするかというと、
我々は、その【大人心】を刺激するような、
働きかけをしたりします。

例えば、
成功体験は、
【大人心】を元気にし、
心の前面に出たくなるような、
効果があります。

成功体験は、
そんなに大きなものでなくても大丈夫です。

毎日の作業の中でも、
「出来てるやん。しんどそうなのに、頑張れてるね」
などの声掛けや、
なかなかうまくいかに時は、
補助具の工夫や、
一緒に手を持って手伝い、
絶対に成功させるようにもっていき、
そして、できたことを一緒に喜ぶ。

そんな些細な事だけでも、
彼らにとっては、
大切な成功体験です。
そして、【大人心】に栄養を与える、
とても効果のある栄養剤です。





ですが、栄養剤だけでは、
とげとげ君どろどろ君がに負けてしまうときは、
カウンセリングで、
直接、とげとげ君どろどろ君に働きかけます。

具体的には、
つらい気持ちや、
苦しい気持ち、
悲しい気持ちを聞き、
苦しさを発散することによって、
心の重さをかるくしていきます。

そして、
その方の存在そのものに共感し、
相手を大切に思う気持ちを伝えあうことによって、
【大人心】への、
強力な栄養を注入します。


これは、
かなり効果があります。

カウンセリングの後は、
大体の方が、
【大人心】が凛として、
心の前面に出てきて、
顔つきまで、
立派に見える方がおられます。




  ハンデ♡サポホームページ

  お試し企画 心のケアワークショップ 施設職員対象

  お試し企画 心のケアワークショップ 家族対象

  心のケアファーストステップ


お問い合わせは、 boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールをいただくか、
ホームページ内、”お問い合わせ”フォーム で、ご連絡ください。
お気軽にどうぞ!



心の理解7 ~心の葛藤~

障がいのある方の心なのかは、
我々と同じように、
たくさんの気持ちを感じていて、
とても素晴らしい
というお話を以前しました。


ですが、
それと同時に、
『楽したい』
『怠けたい』
『出来たらやりたくない』


という気持ちも、
もちろんあるんです。




我々も一緒ですが、
朝起きて、


「今日もすがすがしい。
頑張って仕事に行こう」


と思ったり、

「あ~今日も仕事か…
だるいな~
行きたくないな~」


と持ったり、
いろんなことを感じたり、
考えたりします。

でも、

「社会人だから、
今日はこの仕事があるから、
嫌だけど、
仕事に行こう・・
本当に嫌だけど・・」


という風に、
結局は頑張ります。

ここで起きているのは、
葛藤です。

行かなくちゃ×行きたくない

の間で葛藤するんです。

そして《社会人だから》
≪私ががんばらくちゃ≫
が勝つんですね。

これを 【 大人心 】 ということにします。

 【 大人心 】 は、私たちの心の奥にあって、
私たちを、
立派に奮い立たせてくれます。

私たちが、
いくら「いやだな~」と思っても、
心の奥にある、
立派な 【 大人心 】 が、
ちゃんと大人としての行動を、
とらせてくれるんです。


これを絵で描くと、
こんな感じになります。


img028.jpg


障がいを持つ人の
心の中はというと…

やはり我々と一緒です。

『この作業めんどくさいな~』
とか、
『学校に行かないで、
一日ダラダラしてたいな~』


とか、

もちろん思います。

『でも行かなくちゃな~』

と思う 【 大人心 】 もちゃんとあります。

ここで、やはり葛藤が起きます。


でも、我々と違うところは、
この「いやだな~」の葛藤に上乗せして、
存在する、
『自信がないよ…』
『僕なんてどうせ…』

なんていう、
自己否定がある場合、
 【 大人心 】 が、『いやだな~の気持ち』
負けちゃうことがあるんです。


 【 大人心 】 
負けちゃったらどうなるか。

もちろん、『いやだな~』の行動が勝ちます。
そして、
行かないという行動に出たり、
嫌々行くから、
大人としての行動が振る舞えなかったりします。


そうしたら、
周りからは、
まるで心の中は、
 【 大人心 】 がないかのように、
わがままだったり、
暴れん坊のように、
とらわれがちになってしまうんです。


img027.jpg


でも、
どんなに 【 大人心 】 がないように見えても、
本当は、心の奥に、
凛と立つ、
すばらしい、
その人だけの、
 【 大人心 】 が存在するんです。


続きは次回に・・・



  ハンデ♡サポホームページ

  お試し企画 心のケアワークショップ 施設職員対象

  お試し企画 心のケアワークショップ 家族対象

  心のケアファーストステップ


お問い合わせは、 boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールをいただくか、
ホームページ内、”お問い合わせ”フォーム で、ご連絡ください。
お気軽にどうぞ!



テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

心の理解6 ~私の対応が悪かった…?~

声をかけたら、急にパニックになった。

作業に誘ったら険しい顔をして、
怒りだした。


なんてこと、
障がいを持つ方へアプローチしたときに
出会ったことありませんか?

そんな時、
振り返って、

「この声のかけ方が悪かったのか・・」
「タイミングをもっと考えないと…」
「やっぱりカードを見せて誘わないと…」

などを考えるのではないでしょうか?

もちろんそれも正しいことだと思います。

でも、その一生懸命考えている内容は、
実は、ほんの一部分かもしれません。

unhappy_woman3.png

大分昔の話になりますが、
まだ私が、
障がい者施設に入社したての頃、
ある利用者さんのそばで、
話をしていました。

その利用者さんは、
体を動かせず、
言葉は「いや!はい!」程度しか話せない方でした。

『何とか仲良くならなくちゃ!』
という意気込みで、
あの話、この話をどんどん話しかけ、
どの位置に座ったらいいかを考え
ついには、
「目線を合わせなきゃ」と、
その方の横に寝そべって、
話してみたりしました。

すると、その方が、
すごい形相で怒り出しました。

「うぉ~」
と、大きな声で、
怒りの表現をしています。


何でこんなに怒らせてしまったのか…
私の行動のどこが悪かったのか?
話の内容が、気分を害したのか・・・



などと悩み、
プロセスレコードを書いてみたり、
ヒヤリハットを書いてみたり、
いろいろな角度から分析して考えました

それは、

「この方には、
この対応ならいい。
この対応はよくない。」

という、
マニュアル化というか、
パターン化した対応

望んでいたんだなと感じます。

確実なマニュアル化・パターン化ができれば、
失敗がなくなると思ってたんですね。


でも、
そんなうまくいかないですよね。


利用者さんは、
その時々に気分は変わるし、
相手によっても、
受け入れられる・無理があるし、
相手の表情や、周りの状況によっても、
いろいろと変わってきます。

つまり、心は、どんどん変化し、
一定ではないということですよね。


私もそうですし、
ほかの皆さんもそうだと思います。

今、パートナーの顔を見てニッコリしても、
こちらで子供の顔を見て、
イライラすることもあります(反対もよくありますが・・)。

それは、人間として当たり前のことなんです。

なのに、その時の私には、
そのあたりまえがピンとこずに、
一生懸命、
答えを探していました。

本当は、
少しづつ距離を近づけていき、
一つの話をした時の、
利用者さんの反応は見ては、
もう少し距離を縮めていくといった、
新しく知り合った人に対する行動と、
同じようにしたらいいだけだったのかなと思います。

新しく知り合った人から、
ガンガン話をされて、
その話についていこうと必死になっているところに、
急に横に寝転がられたら、
誰だって、頭に来ますよね~
「失礼だぞ~!」って。


障がいを持つ方と接するとき、
自分を責めて、
行動をマニュアル化・パターン化するよりも、

一つ相手にボールを投げて、
それが返ってくるのか、
ボールに気付かないのか、
それともボールを怖がっているのかなどなど、
相手の反応を見る。


そんな普通のことを、
普通にやっていきたいなと
実感した、出来事でした。


           


お試し企画・心のケアワークショップ ~職員対象~


お試し企画・心のケアワークショップ ~ご家族対象~

ハンデ♡サポホームページ
プロフィール

handesapo

Author:handesapo
ハンデ♡サポは、ハンディキャップ・サポート・ネットワークの略で、
障がいを持つ方が、自分らしく、生き生きと暮らすために必要な、障がいを持つ方への心の援助の提供や、障がいを持つ方と関わっている方への対人援助技術の普及を行っています。
その活動によって、障がいを持つ方が大事な一人の人間として理解され、尊ばれ、大切にされる社会づくりを目指しています。

ハンデ♡サポでは、以下の4つの活動を行っていきます。

1、 障がいを持つ方のカウンセリング(心のケア)を行います。
2、 対人援助技術(心のケア)の普及活動を行います。
3、 療育事業(教育・能力向上)を行います。
4、 セラピー・教室などで趣味・生きがいつくりをめざします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。