FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援者の話1 ~私の事はいいからあなたを~

障がいを持つ方と
接している人(支援者や家族の方々)を見ると、

「何とかしてあげたい」

「彼らをもっと成長させてあげたい」

「パニックや問題行動を起こさずに
穏やかに過ごさせてい上げたい」
と、

何かをしてあげたいと
考え、願う方がとても多いです。



それはとっても素敵なことで、
障がいを持つ方への
思いやり溢れた感情です。


ですが、
障がいを持つ方の
心を支援しても、
支援者の方は、
自分自身の心のケア
は、
していますか?


そう聞いて見ると、


「私の事はいいから」

「困っているのは、
私でなく、障がいを持つ人だから」

「仕事なんで、大丈夫です」



と、言われる方が多く見られます。


でもできれば、
障がいを持つ方の「心のケア」
行う方は、
自分への「心のケア」も、
行っていった方がいいかもしれません。



ある施設の話ですが、

施設職員のYさんは、
利用者さんの心に触れるたび、

その素晴らしさ、
いじらしさ、
見せかけと違う、本当の彼らの思い
に共感し、
利用者方を、
かけがえのない大切な人と、
実感していくようになりました。


ですが、
職員みんながみんな、
そう思うわけではありません。


「この人を言うこと聞かせるには、
怒鳴るのが一番よ」

「約束を破ったから、
今日は、おやつは抜きよ。
だって、そういう約束だったから」


と、
誇らしげに話す人も、
たくさんいます。

Yさんは、
苦しくなりました。


『どうしてわかってくれないの!?』

『見せかけの行動と中身が違うけど、
心の中では、
こんなことを考えているのよ』

『なんでもっと優しく、
愛情深く、
利用者さんに接することができないの?』



Yさんは、
とても悔しい思いで、
利用者さんのことを、
ほかの職員に、
たくさん話しました。


でも、
その時は、聞いてくれる職員でも、
態度は変わりません。


その態度を、
Yさんはつい責めてしまい、
態度を改善するように求めます。


そのYさんの行動が問題となり、
ほかの職員から、
Yさんが責められるようになっていきました。


「Yさんって、思い込み激しいよね。」

「何様なのかしら」

「あんなことしていたら、仕事が進まないじゃない」


Yさんは、いつもかげ口を
言われるようになりました。



『ただ、障がいを持つ方を、
大切な利用者さんを、
分かってほしいだけなのに・・・
彼らに、
幸せになってほしいだけなのに…

絶対に自分が正しくて、
あの人たちがおかしいのに…』



Yさんは、
どんどん憎しみの感情と、
自分自身に対する自信のなさが募っていき、
その施設をやめてしまいました。



Yさんの事例は、
とても悲しい話です。

Yさんの中の正義は、
『利用者さんを大切にし、
彼らの心を理解した支援をする』

といことでした。


とても素敵で、
優しさあふれた正義です。


でも、足りないことは、

自分を大切にする。
自分の心を癒す。


ことだったのかなと思います。


心のケアを実践し、
日々、
相手の苦しさや切なさ、
たくさんの心に出会っていくと、
自分の心の中にある、
隠れていた(抑えていた)感情も、
一緒に出てくることが多いです。



自分の心を大切に癒してあげられないと、
心が苦しさの中で、
溺れてしまいます。


また、
その苦しさが
どんどんあふれ出し、

相手を責めたり、
自分自身を責めて自信を無くしたりし、
また苦しくなる。
そしてまた溢れ
相手を責めて…

この、
負の連鎖に陥ってしまうことがあります。



負の連鎖に陥り、
挫折してしまわないように、
支援者の方には、
ぜひ、
自分の心を大切にする、
いわゆる自分の心のケアを、
知ってほしいなと感じます。


img032.jpg






  ハンデ♡サポホームページ

  お試し企画 心のケアワークショップ 施設職員対象

  お試し企画 心のケアワークショップ 家族対象

  心のケアファーストステップ


お問い合わせは、 boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールをいただくか、
ホームページ内、”お問い合わせ”フォーム で、ご連絡ください。
お気軽にどうぞ!







スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プロフィール

handesapo

Author:handesapo
ハンデ♡サポは、ハンディキャップ・サポート・ネットワークの略で、
障がいを持つ方が、自分らしく、生き生きと暮らすために必要な、障がいを持つ方への心の援助の提供や、障がいを持つ方と関わっている方への対人援助技術の普及を行っています。
その活動によって、障がいを持つ方が大事な一人の人間として理解され、尊ばれ、大切にされる社会づくりを目指しています。

ハンデ♡サポでは、以下の4つの活動を行っていきます。

1、 障がいを持つ方のカウンセリング(心のケア)を行います。
2、 対人援助技術(心のケア)の普及活動を行います。
3、 療育事業(教育・能力向上)を行います。
4、 セラピー・教室などで趣味・生きがいつくりをめざします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。