FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後見人の約1割が問題を起こしている現状!?~成年後見人実用勉強会より~

「後見人の約1割が問題を起こしている」


成年後見人実用勉強会で、
講師の宮内康二先生は、
こんなショッキングな話をされました。

1473647548667.jpg

そもそも、成年後見人のお仕事は、
判断能力が衰えたときに
「この人はこうするだろう」と考え、
言えないことを言い、
できないことをやることです。

つまり、後見される人の、
代理人です。

それは、
後見される人を幸せにすることが
後見人の仕事と言えるでしょう。

ところが、
後見人にお金を横領されたり、
入りたくない施設に無理やり入れられるケースがあるそうです。

調査によると、
後見人の約1割が問題を起こし、
後見される人と
その家族を不幸にしているそうです。


               


宮内先生のお話から、
こんなお話がありました。

ある病気で倒れた男性に、
法定後見人がつきました。
その方は奥様と一緒に暮らしておりましたが、
ある時、後見人の弁護士から、
「マンションを売ってご主人の医療費や介護費に充てるから、
離婚してマンションを出て、
生活保護を受けて欲しい」と言われたそうで、
びっくりして、宮内先生に相談されたそうです。



医療費や介護費が不足なら、
もっと法的な手続きを取って、
やれることがたくさんあるのに、
そんな、手軽に人の人生を、
決定しようとする…

宮内先生の話を聞いて、
本当にびっくりしました。


ほかにも、
娘さんと二人暮らしの方が、
生活費を折半するという約束で、
一緒に暮らしているのに、
何年も、
後見人が生活費を娘さんに渡さない事例。

これは、
持っている貯金が減ると、
後見人への支払いが減っては困るという
理由だったそうです。


まだまだたくさんの事例をお話しくださいましたが、
また、ご紹介させていただきます。


               



今、成年後見人の制度の落とし穴は、
あまりにも暗く、深く、陰湿で、
悲しい思いをさせられている方がいるということを、
我々は、まず、
知る必要があるなと、
強く感じました。


  NPO法人Cheri ホームページ  


 今後の成年後見人勉強会開催予定

10月7日(金曜日)
   ~障がい者関係対象 成年後見人勉強会~
     13時~15時  ユトリート東大阪

 11月11日(金曜日)
    13時~15時  ユトリート東大阪

 12月9日(金曜日)
    13時~15時  ユトリート東大阪


勉強会参加費  無料
お申込み メールでの申し込み  boti-boti-ikoka@happy.zaq.jp
 (ホームページの問い合わせフォームからもできます)


スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

handesapo

Author:handesapo
ハンデ♡サポは、ハンディキャップ・サポート・ネットワークの略で、
障がいを持つ方が、自分らしく、生き生きと暮らすために必要な、障がいを持つ方への心の援助の提供や、障がいを持つ方と関わっている方への対人援助技術の普及を行っています。
その活動によって、障がいを持つ方が大事な一人の人間として理解され、尊ばれ、大切にされる社会づくりを目指しています。

ハンデ♡サポでは、以下の4つの活動を行っていきます。

1、 障がいを持つ方のカウンセリング(心のケア)を行います。
2、 対人援助技術(心のケア)の普及活動を行います。
3、 療育事業(教育・能力向上)を行います。
4、 セラピー・教室などで趣味・生きがいつくりをめざします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。