FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障がいのある方の心のケア19 ~心を伝えたい 筆談援助3~

前回に引き続き、筆談援助について、お話しします。
今日は、筆談援助の実際の場面を紹介させていただきます。
これは、地元で心のケアと筆談援助を行っている、
中川さんから頂いたお話しです。

中川さんより
地元でセッションを受けて下さっている親子なんですが
息子さんは自閉症です。言葉で伝えることは難しいタイプの方ですが
一般就労をされています。
(家庭的な雰囲気の就労先でとても温かく受け入れてもらっています)

9年続けてきたのですが 『仕事を辞めたい』と伝えてきました
彼にはてんかん発作があり
この1年は発作が多く主治医をかえたり薬をかえたり…
薬がうまく彼にあうまでには時間がかかる為に
眠気が強くなったりで
やりたいように体が動かず彼自身が苦しんでいました。

彼が一般就労していたのは
元々はお母さんの望みでした。
お母さんに喜んでもらう為 自慢の息子になる為…
彼も頑張っていましたが
それだけではなく 彼自身も仕事が好きで
温かく受け入れて下さる就労先で働く喜びも感じていました。

『自分の思うように仕事が出来ない。辞めたい』と伝えていましたが
お母さんは残念で残念でたまりません
こんなに頑張ってこれたのに
こんなに優しく受け入れてもらえる所なのに

セッションの中でもお母さんは
「頑張ろうよ 」「待ってくれているんだから こんな優しくいいとこないよ」
お母さんに踏ん切りがつきませんでした

お母さんに踏ん切りがつかない為
彼も困ってしまい
問題行動を繰り返す日々が続いていました。

そして先日、約束していた
就労先の方と直接話しあいをする日でした…
その親子と筆談援助者(私)と就労先の責任者と
いつも関わって下さっていた方と5人で話し合いをしました。
筆談のことはお母さんが伝えておられたので
少しは理解して下さっていましたが
目の前でするのは今回が初めてです

いつもの様にお母さんとも手を繋ぎ筆談が始まりました
『皆さんお集まり頂きありがとうございます…』
思うように仕事が出来ないこと
自分の気持ちを伝えたいのにちゃんと伝えられないこと
仲間がいないこと
Yさん大好きです。
Sさん大好きです。
をお母さんに支えてもらいながら伝えることが出来ました

就労先の方も「ここまで考えているとは…」と驚いたり
「本当に?」と少し疑いを持ったりされていましたが
「わかった そこまで考えているんなら…でも ここはいつでも待ってるからな」と優しく受け止めて下さいました

帰り際 就労先の方から
「じゃこれからどうしていったらいいんや」
「ここのやり方を考え直さないとあかんな~」
「筆談も出来るようにならなあかんのか~」と前向きな話をして下さいました
一般就労を経験した彼が
投げ掛けてくれたことを私たちは前向きに受け止める事が出来ました。

私も自宅に帰り息子と話をしました
洋輔 →『やるべき事が見つかりましたね』
『Cさん(本人)はそれを身を持ってお母さんに伝えたかったんですよ』
『日本の障害者就労の形がかわりますね』
この言葉をお母さんにメールさせて頂きました
お母さんからは
[本人の気持ちがしっかり伝えられて、
私もスッキリしました。
今回の話し合いでは辞めることに納得しました
明日から親子で前向きに頑張ります
一人で就労している人の気持ちを考えた支援が出来ていくよう、
伝えて行く役目を果たしたいと思います。
親子で支えて頂きありがとうございました]と返信がありました

(お母さんは障害者を支える団体の役員をされています)

親子が前向きに繋がった瞬間に立ち会わせて頂けたことを感謝しています。

oyako5.jpg
スポンサーサイト

障がいのある方の心のケア18 ~心を伝えたい 筆談援助~

前回の ~心の声を届けたい 筆談援助~で、
ご紹介させていただいた、中川さんに、
今、これからの気持ちなどを聞きましたので、
ご紹介させていただきます。

中川さんは、自閉症という障害を持つ息子の洋輔さん(男性29歳)がおられ、
洋輔さんが小学4年生のころから、筆談援助を使って、
コミュニケーションや心のやり取りを行って来られました。


【 洋輔さんの働く姿です 】
洋輔ブログ



その長い年月の中で、
「一番、筆談援助をやってきてよかったと
感じることはなんですか?」と聞きました。

中川さんより
『 去年 研修会でご一緒させて頂いた、
学齢デイサービスさんからのお声かけで
職員対象そして保護者対象の勉強会に先生として2回よんで頂いたとき
その時の質問に一番良かったこと?と聞かれました。
洋輔は筆談で、『いつも僕を支えてくれているのはお母さんです。
お母さんありがとう』と伝えてくれました。
その時、洋輔の筆談援助をしながら、自分が涙ぐんでいました。

私も洋輔と同じで、大人になってからは、
私をいつも支えてくれているのは洋輔だったんです。

仕事で悩んでいるとき、励ましてくれたり、慰めてくれたり
なんでこんないい子に育ったのか…不思議です。
もしかすると、自閉症の人達はみんな
見掛けは分かってないような行動をしていますが
私達以上に心清らかで、素晴らしい人達なのではないかと感じています 』

と話していただきました。

中川さんは、現在、ご自身の経験を基に、
地元で心のケアと筆談援助を、
下和田実先生と共に行っておられます。
また、ホワイエの抱っこの広場やその他研修会へも、
精力的に参加してくださっています。

その中川さんに、もう一つ、
「これからやりたいことはなんですか?」という質問をしてみました。

中川さん
『 最初は息子の為に、地元で心のケアを広める活動を始めました。
息子の事を沢山の人に理解してもらいたい…
でも 今は変わってきました。
皆さんに幸せになって欲しいと思っています。

洋輔は筆談で、
『僕は障害あっても幸せです』と伝えてくれた事があります。
それを独り占めしていては本当の幸せではないと感じました。
抱っこ法や心のケアは、
私自身を幸せに導いてくれています』

と返事いただきました。
障がいを持つ方の心を、
たくさんに人が知り、理解できるように、
また、その輪が広がるようになったらいいですね。

今後も、中川さんの活躍を期待しております。



ハンデ♡サポ ホームページ

障がいのある方の心のケア17 ~心を伝えたい 筆談援助~

今回からしばらく、筆談援助についてお話しします。

どんなに重い障害を持っていても、
心の中の内面世界は、とても豊かで、
たくさんの気持ちがあふれています。

我々は、そんな方々と
体を使ってお話ししています。
その中のひとつに、筆談援助と呼ばれる方法があるのですが、
これは、体のやりとりのことをよく知らない人にとってはある意味で、
とても衝撃的な方法なので、さまざまに誤解されやすいのです。
そうした危険性に充分配慮しながら、
筆談援助についてお話しします。

筆談援助は、一般的に、
支援者が筆談ユーザー(筆談援助を生活の中で使っていいらっしゃる方)の手を取り、
一緒に紙の上で絵や文字を書きます。
描かれた表現を基に、
相手の気持ちを知ったり、共感したり、お互いに話し合ったりという
気持ちのやり取りを行ったりします。

169.jpg



ここで、一人の筆談ユーザーの方と、そのお母さんをご紹介します。
自閉症という障害を持つ洋輔さん(男性29歳)と、
洋輔さんの小さなころから、筆談援助を使って、
成長を支えてこられた、お母さんの中川さんです。
洋輔さんは、小さなころから言葉を話すことができませんでした。
そこで、お母さんとのコミュニケーションは、
いつも筆談を使っていました。

小さなころからずっと、
洋輔さんのつらい時や、悲しい時、
楽しい時、聞いてほしいことがあるときは、筆談で、お母さんに伝え、
また中川さんがつらい時には
洋輔さんが筆談で励まし・慰めてこられました。
そうやって、親子がともに支えあい、
寄り添いあってこられました。
そんな素敵な親子に、筆談について、いろいろ聞いてみました。

まず、長年筆談援助を行ってきた中川さんに、
洋輔さんと筆談を始めたきっかけを聞いてみました。

【洋輔が筆談を始めたのは、小学校のころでした。
小学校3年の時、障がい児学級の先生が、
抱っこ法の勉強を一緒に寄ろうと誘ってくれ、
先生と一緒に抱っこ法の勉強会に行ったり、
抱っこ法で気持ちを聞いたりしていました。
そして、小学校4年生の時に洋輔といった、
抱っこ法の研修会で、高橋先生という抱っこ法の先生が、
初めて筆談援助という技術を使ってくれました。

それまで、自分でも字を書くことが難しかった洋輔が、
先生に手を支えてもらうだけで、
たくさんの気持ちを文字にして表しました。

一緒に参加していた、支援学級の先生は、
ただ驚いておられましたが、
私は、
『なんだ、これで会話できるんだ。
なんて便利なんだろう。
こんな便利な物なら家でやればいい!」
と、普通に筆談というものを受け止めました。

そしてそれから、自宅で洋輔と一緒に筆談の練習を始め、
一緒に筆談による会話をするようになりました。】
と、中川さんは語っておられました。

現在、29歳になる洋輔さんは、
就労支援事業所の介護レンタルを行っている職場で
一生懸命働かれています。

洋輔ブログ


筆談は、洋輔さんの一部分で、
現在は、就労支援事業所の職員さんが、
筆談援助を行ってくれ、
自分の思いや、普通の会話など、
29歳の男性らしい生活を送っておられます。

では、また洋輔さんと、
お母さんの中川さんに、お話を聞きたいと思います。


ハンデ♡サポ ホームページ

障がいのある方の心のケア16 ~筆談援助~

こんにちは、ハンデ♡サポです。

今回は、「心の声を伝えたい・筆談援助」と題して、
障がいのある方が、自分の気持ちを、
文字や描画で表現する方法をお伝えします。


障がいを持つ方の中で、飛んだり・跳ねたり、
自分の頭をたたいたり、大きな音を立てたり、と、
派手な行動をする方々がいます。
また反対に、どんな言葉をかけても、どんな状況でも、
表情を変えずに、無反応に見える方々もいらっしゃいます。

でも、どんなに重い障害を持っていても、
心の中の内面世界は、とても豊かで、
たくさんの気持ちがあふれています。


我々は、そんな方々と、
体を使ったお話しをしたり、
筆談援助と呼ばれる方法でお話しし、
気持ちのやり取りを行ったりします。

筆談援助は、一般的に、支援者が筆談ユーザーの手を取り、
一緒に紙の上で絵や文字を書きます。
描かれた表現を基に、援助者とユーザーのやり取りを行っていきます。

40039831_35W.jpg


筆談援助によって、心を相手に伝えることができた人のほとんどは、
今まで伝えたかったけど、
伝えられなかったことを文字として表現する方が多いです。

例えば、『お母さん大好き』や、『ありがとう』などです。
障がいを持つ方の心は、とても純粋で、
感謝の気持ちを持っている、
素晴らしい心の持ち主が多いなと、
日頃、障がいを持つ方と接して感じます。
ただ、その気持ちが伝えられないとき、
彼らはなんて辛いだろうなとも感じます。
なので、もっとたくさんの方が、
彼らの心を理解できるように、なっていってほしいと望んでいます。

そのため、筆談援助で、障がいのある方と
コミュニケーションが行える人を増やそうと、
現在ハンデ♡サポでは、定期的に筆談援助者勉強会を開いています。

今後、ブログやホームページで紹介していきますね。

ハンデ♡サポ ホームページ

障がいのある方の心のケア15 ~心棒(大人心)とぐちゃぐちゃな気持ち3~

前回は、心の中には、【心棒】という、本来持っているすばらしい部分があると同時に、
感情やストレスからくる、ぐちゃぐちゃがあり、
時としてぐちゃぐちゃが広がると、【心棒】が隠れてしまうことがあります、
というお話をしました。

では障がいを持つ方の心はどうかというと、
原理は全く我々と同じです。


ただ、我々と少し違うのは、
感情やストレスからくるぐちゃぐちゃがとても多く、
凛として存在するはずの【心棒】
見えにくくなってしまっている方が多いということです。

私の息子、J は現在中学2年生で、
自閉症という障害を持っています。
小さいころから、聴覚過敏といって、
いろいろな音、特に子供が声をそろえてする挨拶や、
機械音、車の音などが苦手で、
常に、耳を押さえて生活している状態でした。
そのため、小学校でも通常の学級には、
全く入れず(何時、苦手な音が出るかわからないから)
ほぼ、すべての授業を支援学級で過ごしていました。
ランドセルは持たない、
帽子や靴下などは絶対に身に着けない、
勉強は全くしない、
先生の言うことは聞けない、
その行動からみて、
学校が苦手、集団行動やほかの人と同じことをするのは嫌いとしか見えませんでした。

j.png


Jは、音が怖いという気持ちや、
うまくいかなかったらどうしよう、
自信がないよ、僕はみんなと同じじゃない
という気持ちのもやもやがいっぱいになって、
本来あるはずの『学校で頑張る』という心棒が見えない状態でした。

特に障がいを持った子供が、慢性的に、心にぐちゃぐちゃが広がると、
まるで、元から心棒なんてものが心にないように見えるほど、
ぐちゃぐちゃに振り回される行動をします。
なので、周囲のだれもが、彼の中に学校で頑張りたい心棒があるとはわからないんです。

Jは、そのぐちゃぐちゃに振り回されながら、
時々に心のケアを受けていました。

そのJが、6年になり、次の進路を考えなければいけない時期が来ました。
私は、『これだけ生活するのが大変なら、当然支援学校に行くべきだ。』
と、考えていましたが、Jは、「中学校に行く!」といって聞きません。
その頃、まだ私は、Jの心に心棒があると信じられませんでした。
なので、「中学校に行きたいならランドセルをしょって、授業を受けたら考える」
と、Jには絶対無理な難題を突き付けました。

ところがJは、その無理難題をとっても頑張りました。
もちろん、所々であふれる気持ちを発散させたり、
支えたりという心のケアは継続していましたが…
その時のJの心はこんな風になっていました。

J2


Jはぐちゃぐちゃに振り回されていたのが、
中学校に行きたいと考えたときに、
『学校で頑張る』というもとからあった心棒が前面に出てきて、
頑張ったり、励まされたり、手伝ってもらったりして得た成功体験によって、
ぐちゃぐちゃが心棒から離れた状態になったと思います。

現在Jは、いろいろと問題を起こしながら、
中学校に通っています。

ハンデ♡サポ ホームページ
プロフィール

handesapo

Author:handesapo
ハンデ♡サポは、ハンディキャップ・サポート・ネットワークの略で、
障がいを持つ方が、自分らしく、生き生きと暮らすために必要な、障がいを持つ方への心の援助の提供や、障がいを持つ方と関わっている方への対人援助技術の普及を行っています。
その活動によって、障がいを持つ方が大事な一人の人間として理解され、尊ばれ、大切にされる社会づくりを目指しています。

ハンデ♡サポでは、以下の4つの活動を行っていきます。

1、 障がいを持つ方のカウンセリング(心のケア)を行います。
2、 対人援助技術(心のケア)の普及活動を行います。
3、 療育事業(教育・能力向上)を行います。
4、 セラピー・教室などで趣味・生きがいつくりをめざします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。