FC2ブログ

障がいのある方の心のケア11 ~身体障がいのある方の支援の一例~

こんにちは、ハンデ♡サポの永井です。

今日は、その自己表現にハンディのある、身体障がいを持つ方のお話をします。

私がかかわらせていただいたFさんは、身体障がいを持ち、
加えて、呼吸機能が弱っているために、気管切開をされていました。
気管切開というのは、気管に穴をあけて管を通し、そこで息をするためのもので、
気管に穴をあけているので、声を出すことができませんでした。

Fさんは、とても笑顔の素敵な方で、
職員が話しかけると笑顔で、『はい』という口の形をしながら返事をしてくれていました。
また嫌な時は、顔をうつむき加減にしながら、表現してくれていました。

そのFさんが、家庭の事情で、今自宅から通っている施設から
入所施設に入ることになりました。

入所が決まってから、Fさんから笑顔が消え、
いつもうつむいて、暗い表情をしていました。
そこで、Fさんを心配した職員が、心のケアを依頼してきました。

職員に聞くと、入所に関しての詳しいことは、
伝えにくく、またどこまで理解力があるかわからないため、
Fさんにはあまり話をしていないとのことでした。

そこで、最初のセッション時、入所に至った経緯や入所後の生活などについて、
詳しく説明してもらいながら、
Fさんの体の反応を見ていきました。
最初Fさんに触れたとき、とても固い印象がありました。
肩、首、背中、足、すべてを緊張させ、
悲しみや苦しさを我慢しているような印象を受けました。

セッションに関しては、次回にアップさせていただきます。

162.jpg

ハンデ♡サポ ホームページ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人Cheri

Author:NPO法人Cheri
NPO法人Cheri(シェリィ)は、支援が必要な高齢者や障がい者の方々が、生き生きと自分らし生活が送れるように、個人の尊厳と心を尊重した福祉サービスの提供や心の支援を行います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR