FC2ブログ

心のケアの話4  ~何とかしてあげなくちゃ~

福祉職員が、
障がいのある方の支援をするとき、
いつも考えることは、
『何とかしてあげなくちゃ』
では、ありませんか?

例えば、

楽しませてあげなくちゃ

落ち着いて過ごせるようにしてあげなくちゃ

この作業ができるようにしてあげなくちゃ

ごはんがこの量食べれるようにしてあげなくちゃ

ダイエットできなくちゃ

等々、
何とかしなくちゃのオンパレードではありませんか?

もちろん、
それでお給料をいただいているのだから、
支援をするのは当たり前。
なのかもしれませんが…

今日のお話しは、
そんな一生懸命頑張る
支援者の方の話です。


     


新人職員のRさんは、
Bさん担当です。

Bさんは、
たいくつになると、
靴をほったり、
壁をたたいたりと、にぎやかです。

新人のRさんは、
なんとかその行動を無くそうと、
一生懸命です。

時間の工夫をしてみたり、
レクリエーションの工夫をしてみたり、
シールを使った達成表を作ってみたりと、
一生懸命Bさんへアプローチします。

でも肝心のBさんは、
Rさんの目を盗んでは、
にぎやかな行動を。

日々の頑張りに、とうとう、
くじけそうに…

「私、うまく支援できなくて…
嫌われているんです…」

新人Rさんの言葉に、
先輩は、
「じゃあ、本人に聞いてみようよ」
と、
カウンセリングの時間を作りました。

一通り、
今の苦しさなどを聞いた後、
先輩がBさんに
「ところで、Rさんが、
Bさんと仲良くなれないって、
悲しんでいるんだけど」
と聞いてみました。

Bさんは、言葉を使ったお話しができないので、
筆談援助を使って気持ちを聞いてみました。


『Rさんと仲良くなりたい
うまくできなくてごめんね』


Bさんが筆談援助で伝えた気持ちは、
新人Rさんと、
一緒でした!

お互い、
うまくできなきなくて、
悪いな~と
思っていたんですね。

『何とかしてあげなきゃ』
っていう気持ちは、
とても相手を思って、
一生懸命で、
一途な気持ちで、
とても素敵です。

ですが、
ちょっと立ち止まって、
私のこの気持ちに、
相手がどう感じているんだろうと、
相手の心に、心を澄ませると、
相手の一途な素敵な気持ちも見えてきます。


そうしたら、
もっと、心が楽に楽しくなります。

すると、もっとたくさんのことが
見えてくるようになるかもしれません。

img021.jpg




ハンデ♡サポ ホームページ

ハンデ♡サポのfacebookグループ
知的障害者の心のケアのサポーター『learn ラーン』をよろしく。

参加は、facebookで『永井由希』を検索してくださるか、
boti-boti-ikoka@happy.zaq.jpにメールください。
ちょっと、仲間とつながりたいというあなた!!
よろしくお願いします。

スポンサーサイト



テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人Cheri

Author:NPO法人Cheri
NPO法人Cheri(シェリィ)は、支援が必要な高齢者や障がい者の方々が、生き生きと自分らし生活が送れるように、個人の尊厳と心を尊重した福祉サービスの提供や心の支援を行います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR