スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートタッチワークショップ5回コース ご紹介その3

前回に引き続き、
ハートタッチワークショップ
ご紹介をします


ハートタッチワークショップ って何か・・
というと

簡単に言うと

知的に障害のある方との
かかわり・やりとりを、
上手にするための
対人援助技術心のケア
仲間と共に学ぶ場です。

                 


私たちは、
常日頃から、
いろいろな人とやり取りをしていますね。

子どもやパートナー、
親類、
近所の人、
お友達、
職場の人…

たくさんの人とかかわって、
生きています。

ですが、
もし目の前に、
いる人の気持ちが
わからなかったら
また、
なぜそんな行動をするのかと
理解できない場合
どうやってその人と接していいのか
悩んでしまいませんか?

知的障害を持つ方と
かかわっている支援者や、
家族の方は、
特にそういった経験をお持ちの方が
多いのでないでしょうか?


ハートタッチワークショップ では、
そういった、
知的に障害を持つ方の行動と
その行動を起こす
心の中に近づき、
どんなふうにやり取りをしていったらいいのかを、
体験しながら、
考えていきます。


                 


ワークショップの一回目に
参加者の方から出た事例です。

Fさんのお子さんは(現在はもう成人されています)、
小さいころ、
「マンマン」という発語しか出せませんでした。

おなかがすいては「マンマン」
眠くなっては「マンマン」
悲しくては「マンマン」
腹が立っては「マンマン」
お母さんといいたいときは「マンマン」


もちろん「マンマン」
ニュアンスは違いますが、
保育園では、
彼が「マンマン」というたびに、

「おなかすいたの?」
「ご飯はまだよ」

という言葉がけばかりだったということでした。

Fさんは、
こういう内容の話をしてくださいました。


ワークショップでは、

「この時のFさんの子どもさんは、
どんな気持ちだったんだろう・・」

という話題になりました。

それなら実際に彼の気持ちを体験してみようと、
「マンマンワーク」
というものをしてみました。

体験者と支援者の二人一組になり、
体験者にはお題を出します。

「お母さんが病気で心配という気持ちを、
マンマンという言葉だけで
支援者に伝えてください」


体験者は、
支援者に、一生懸命
「マンマン、マンマン」と
話をします。

支援者は
体験者の訴えを一生懸命聞こうとしますが、
何を言っているのかわかりません。

「おなかすいたのね、もうちょっと待ってね」
という風に、
支援者が思い浮かぶことを一生懸命返しますが、
しばらくすると、
体験者の顔が悲しげに変わってきます。


ワークが終わって、
今の気持ちをお互いシェアすると、

「すごく切なくなった。」
「一生懸命聞いてくれてるのに、伝わらなくて、
申し訳なくなった」
「あきらめて、もうどうでもよくなってきた。」
「わかろうと関わってもらうことの心地よさを感じた。」
「わからないから、放置するのではなく、
わかろうとしてくれることが嬉しかった」



などなど、
たくさんの気持ちを
シェアしました。


その人の立場で、
実際に経験してみると、
びっくりするくらい
いろいろな感情に出会うことがあります。

それはそれぞれの人が違いますが、
それをまたお互いで共有していくと、
何か見えてくることがあります。

障害を持つ方の支援方法に、
「これが唯一の正解」
というものはありません。

ですが、
その人の気持ちを少しでも理解し、
心に近づくことによって、
考えられる支援の幅が広がってきます。

「マンマンワーク」をして、
その幅の広がりを、
感じたような気がしました。


                 


次回も、
ハートタッチワークショップの内容を、ご紹介します。



  NPO法人Cheri ホームページ  

 2017年度ハートタッチワークショップ5日コース  



無題

スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

handesapo

Author:handesapo
ハンデ♡サポは、ハンディキャップ・サポート・ネットワークの略で、
障がいを持つ方が、自分らしく、生き生きと暮らすために必要な、障がいを持つ方への心の援助の提供や、障がいを持つ方と関わっている方への対人援助技術の普及を行っています。
その活動によって、障がいを持つ方が大事な一人の人間として理解され、尊ばれ、大切にされる社会づくりを目指しています。

ハンデ♡サポでは、以下の4つの活動を行っていきます。

1、 障がいを持つ方のカウンセリング(心のケア)を行います。
2、 対人援助技術(心のケア)の普及活動を行います。
3、 療育事業(教育・能力向上)を行います。
4、 セラピー・教室などで趣味・生きがいつくりをめざします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。